みんなが音楽を奏で続けるための新しいかたちのイベントへの寄付

「いつまでも多くの人が楽器、そして音楽と共に人生を歩んでほしい」という想いの元、2017年より豊中魅力アップ助成金交付事業として実施の全員参加型野外音楽イベント、ギタスナフェス。

新型コロナウイルス感染症の拡大により本年はふれあい緑地を会場としつつも、音楽をオンライン配信とすることで広い野外でもご自宅でも音楽を楽しめる新しい形のイベントを実施いたします。

不安な状況が続きますが、音楽のまち豊中でみんなが音楽を続けるための一日をつくります。

目次:

  1. 1)はじめに ~みんなに音楽を続けてほしい~
  2. 2)活動内容
  3. 3)企画内容 ~ギタスナフェス2020~
  4. 4)イベント概要
  5. 5)寄附者のみなさまへ ギタースナップスフェスティバル実行委員会より

1)はじめに ~みんなに音楽を続けてほしい~

まずは本プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。
本プロジェクトは、リアルとオンラインを融合させた新しいかたちの全員参加型音楽フェスを成功させることを目指し立ち上げました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、本当に多くのイベントが中止となりました。特に音楽に関してはその性質上感染リスクもあり、プロはもちろんのことお祭りなどの中止により趣味として音楽を奏でる方々の演奏の場も少なくなっています。

我々ギタースナップスフェスティバル実行委員会は「いつまでも多くの人が楽器、そして音楽と共に人生を歩んでほしい」という想いのもと、2017年より豊中魅力アップ助成金事業として「みんなが音楽を続けるための場作り」としての音楽フェスおよび音楽継続のための活動を実施しております。

しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により例年行っていたステージ上で密集した合同演奏の実現は難しいと考えております。また、感染拡大下ではイベントの開催そのものも危ぶまれます。では、どんな状況でもみんなが音楽を続けるためにはどうしたらいいのか。悩んだ結果たどり着いたのがリアルとオンラインの融合した新しいかたちのイベントでした。

寄付はこちらから(豊中市ページへのリンク)

2)活動内容

家で過ごす時間は増えましたが、練習の成果を発表する場が減ったことで演奏自体のモチベーションも下がってしまいます。また、仲間で集って練習する場が減ることで練習自体しばらくしていないという声も届いております。

我々ギタースナップスフェスティバル実行委員会は前述の通り「いつまでも多くの人がギターなどの楽器、そして音楽と共に人生を歩んでほしい」という想いのもと2017年から3年間にわたり多岐にわたる活動をつづけてきました。

・はじめるきっかけ作り
「楽器に触れるきっかけ」をつくるため地域のお祭りなど様々なイベントで楽器体験会やエッグシェイカー作り、その他ピクニックなどを開催。また、こどもたちが考えるギターを描いてもらいフェス当日までに実際のギターとして制作するミライギタープロジェクトを実施しております。

・音楽継続の仕組み作り
楽器を演奏することを辞める理由として
「練習する時間がない」「一人で練習しても楽しくない」「練習しても発表の場がない」ということが挙げられますが、継続の仕組み作りとして練習部および全員参加型音楽フェスティバルの実施をしております。

一ヶ月に1度、合計10カ所で自由参加のギタスナ練習部という練習会を開催することで仲間もでき練習を継続できるしくみとしています。そして練習した方々が一堂に会するのがギタスナフェス当日です。

・ギタスナフェスとは
2017年より豊中魅力アップ助成金交付事業として実施の全員参加型、入場無料野外音楽フェスティバルでミュージシャンのステージや飲食出店とともに全員参加型の合同演奏ステージを設けています。

「一年に一度みんなで演奏し、また一年後みんなで集まって演奏するため音楽を辞めないで続けてほしい」という想いで実施しております。フェス当日ステージ上では大人も子供も一緒に歌い、たくさんの笑顔が生まれました。
*2017,2018年は「Guitarsnaps Festival」という名称でしたが2019年より従来の愛称であった「ギタスナフェス」を正式名称として開催。

・地域への貢献として
各地で開催されるお祭りもまた、音楽披露の場となっているということから当実行委員会は豊中で開催されるお祭りの音楽ステージへの出演や運営等も協力させていただいております。

実績:豊中祭り、ロマチカ祭り、曽根サマーフェスティバル、ふれあい緑地フェスティバルなど

寄付はこちらから(豊中市ページへのリンク)

3)企画内容 ~ギタスナフェス2020~

本年は新型コロナウイルスの感染防止として、音楽ステージはライブ配信といたします。当日までに作成した参加者による動画や、出演ミュージシャンと一緒に画面の向こうで演奏できるような仕組みづくりを予定しております。そして、開催可能な状況であれば、ふれあい緑地にてイベントを実施いたします。

ふれあい緑地は新型コロナウイルス感染症対策を考慮し来場者の分散を図るため3つのフィールドで構成することとします。
・キッチンカー等の出店が行われる「メインフィールド」
・こどもたちも楽しめる「キッズフィールド」
・防災・被災後の過ごし方を学べる「サバイバルフィールド」

※写真はいずれも2019年開催時

音楽についてはライブ配信のみとすることで屋外へ出ることを懸念する方々はご自宅で、仲間との交流を求める方々はふれあい緑地へと多くの方々に楽しんで頂くことができるあたらしい形のイベントとします。

寄付はこちらから(豊中市ページへのリンク)

4)イベント概要

公演名:ギタスナフェス2020
日 時:2020年11月14日(土)11:11開演
会 場:ふれあい緑地(大阪府豊中市服部西町5丁目22ふれあい緑地第四街区)
およびオンライン配信による音楽ステージ
入場料および配信視聴:いずれも無料

5)寄附者のみなさまへ
ギタースナップスフェスティバル実行委員会より

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたくさんの音楽イベント、発表会が中止となりました。多数の演奏の場がなくなる中でみんなが練習した成果やミュージシャンの出演の場をなくさないため考え抜いた結果がリアルとオンラインが融合した複合型のイベントです。

音楽を奏でる人々がたくさんいる、そんな状態も「音楽あふれるまち豊中」のひとつの形だと考えております。本イベントの実施でより多くの方が楽器の演奏を始めたり、再開されるなど音楽継続の一助となることを願っております。皆様のあたたかいご支援・ご協力をお願いいたします。

・寄附金の使い道
ギタスナフェス2020開催に活用させていただきます。
※目標金額に達しなかった場合も今回集まった金額を本プロジェクトへ活用させていただきます。

寄付はこちらから(豊中市ページへのリンク)


TOP