【ギタスナフェス2020】出演アーティスト情報第二弾

ギタスナフェス2020に出演する、ゲストのアーティストをご紹介します。

今年のギタスナフェスでは、会場となるふれあい緑地でのライブは行いません。その代わりに、ライブハウス「Lip2nd」より、ライブ配信を行います!当日、皆さんのスマホやパソコンでご視聴くださいね。

では、アーティスト情報・第2弾はこちらの方々です!

大野賢治

プロフィール ストリートライブで100人以上の集客を可能にし培ったエンターテイナー能力でライブハウスを中心にその場にいる全ての人を絶対的に笑顔にさせるような存在感で歌い続けるシンガーソングライター。

抜群の歌唱力と心地良くも鋭いリズムを刻むギターに加え変幻自在のライブパフォーマンスはその場にいる人の心を掴んで離さない。

「NHKのど自慢」チャンピオン賞を獲得し、サタデーホットリクエスト ウルフルズスペシャルにてオープニングアクトを務め、TBS系「カウントダウンTV」オーディションで2,400組中4組に選ばれる。
NHK連続ドラマ「てるてる家族」に杉浦太陽の相方役としての出演など、メディアでの活躍も経験しており大阪BIG CAT、JANUS、東京QUATTRO、GARDEN、duoMUSICexchangeでのワンマンを開催。CDリリース・カラオケ配信・各メディアへの出演等、活動範囲は全国。

ホームページ http://ono-ken.net/top.html

栗田裕希

プロフィール 豊中市出身。高校時代にバンド活動を始め大学生時代に、ブラックミュージックに魅了された。 ニューヨクのハーレムの教会などで生活に根付いた黒人音楽に魅了される。

サラリーマン時代に出会ったブルースバーHonky Tonk#7にてブルースに魅了され、アメリカ、ルイジアナ州ニューオリンズ~メンフィス~ナッシュビルの3ヶ月のステイを経てローカルミュージック、地域に根付いた音楽シーンについて興味を持つ。

30歳より独自でブッキングイベント、「ジュークジョイントへ行こう♪」を毎月第一土曜日に高槻t-trueにて開催。
2020年現在までに、名古屋開催も含め150回開催。2014年服部緑地野外音楽堂にてローカルシーンの祭典、「有名ちゃうけどめっちゃええ曲ありますねん」をテーマに「命の渚コンサート」主催
2020年までに7年連続開催。

——————————————————————————————————————-
2012年 8曲入り 1st Album『Brand new life』をRAW TRACKS Label から発売
2014年 2014年11月6日~17日香港ツアーを the wanch、G&Vmusic café、Peel fresco、Orange Peelにて行う。
2017年 大阪、心斎橋FootRock&BEERSオーナー就任
2018年 大阪、松原市にライブバーFreeportalオープン(2019年末閉店)
1978年5月12日生まれ A型。

– Hiroki Kurita: Passionate musician – sings soul / blues covers & original tunes with simple lyrics. Started energetic live activities in Osaka Japan since 2008. Released the 1st album “Brand new life” from RAW TRACKS Label in April 2012, with a great help from cool musicians – Ken, Yoshi, and Tomo.

ホームページ http://kurita.link/index.html

SATSUMA3042

プロフィール SATSUMA3042
1966年生まれ

DEEP PURPLEに衝撃を受け14歳からギターを始める。ハードロックバンドの結成、解散を繰り返しポップスバンドに参加。
1996年にメジャーデビュー。1999年に解散し、家業のお好み焼き屋を継ぐ。
42歳の時にYouTubeに「ERUPTION/VAN HALENを初投稿し1日で数万回を再生される。
YouTube11年目の2020年にYouTube登録者10万人を達成(現在11万人)
楽器店、楽器メーカー主催のイベントに多数出演。
2018年の味園ユニバースでのライブでは700人を動員。

youtubeチャンネル SATSUMA3042

ゲストの皆さんとの対談動画を追ってお送りする予定です♪

youtube、ギタスナフェス公式チャンネルで引き続き紹介予定です。チャンネル登録も、ぜひお願いします♪


TOP